Loading icon

バクーの人気観光スポット

バクー-アゼルバイジャンの首都は、カスピ海の海岸にあります。歴史、文化、自然の美しさが見事に融合しているため、毎年何百万人もの観光客を魅了しています。

快適な旅行のために、多くの観光客は事前にレンタカーサービスを利用することを好みます。アゼルバイジャンでのレンタカーの平均費用は1日あたり20ユーロです。たとえば、エレバンでは、コンパクトクラスのレンタカーのレンタル料金は1日あたり11ユーロからで、トビリシの料金はほぼ同じです。 、通常、空港でのレンタカーの方が安いですが、バトゥミ空港では1日6ユーロからレンタカーを借りることができます。

< p>

Ateshgah
Ateshgahは、アゼルバイジャンのバクー市にある火の神殿です。この古代ペルシャの聖域には、ゾロアスター教、イスラム教、キリスト教の3つの宗教の神社があります。建築家イブラヒム2世アフメドシルバンシャーの指導の下、シルバンシャー朝によって西暦10世紀に建てられました。 Ateshgahという名前は「火の場所」を意味し、ateshはゾロアスター教の火の言葉です。複合施設には、キャラバンサライ、風呂、キッチン、居住区、モスクがあります。
もともとは、15世紀にシルヴァンシャー朝(シルヴァン王)によって建てられました。イスラム化以前は、この場所にはゾロアスター教徒とキリスト教徒の寺院がありました。イスラム化後、それはモスクになり、シャーアッバース1世によって破壊された後、それは再び火の寺院に変わりました。ソビエト時代に修復が始まりましたが、ソ連の崩壊により完成しませんでした。

アテシュガは常に芸術家や詩人に影響を与えてきました。彼はしばしば「カスピ海の真珠」と呼ばれています。その歴史の中で、複合施設はいくつかの再建を受けました。近年、バクー中心部(オペラ座から徒歩15分)に近いことから、観光客に人気が高まっています。

< p>

乙女の塔

バクーの乙女の塔は、中世にシャーヴァンシャーによって建てられた塔です。塔は現在旧市街にあるバクーの丘の1つに建てられました。
乙女の塔はバクーのシンボルの1つと見なされています。高さは36メートル、7階建てです。アブシェロン半島の側から保釈市の入り口に監視塔として作られ、海賊の攻撃から保釈されました。塔は2段階で作成されました。11世紀に基礎が築かれ、12世紀に3階まで完成しました。

浴場ハジガイバ

ハジガイバ浴場は、旧バク地区にあるガンジャの古い銭湯です。 1826年に建てられたこの歴史的なお風呂は、アゼルバイジャンでマルダカンお風呂に次いで2番目に古いと言われています。どちらの浴場も、アゼルバイジャンの州立歴史建築保護区のリストに含まれています。

< p>

イチェリシェハーの旧市街

イチェリシェハー、または「都心部」は、バクーの歴史地区です。カスピ海の海岸に沿って20kmにわたって広がり、18世紀、19世紀、20世紀にまでさかのぼる数多くの建築記念碑があります。

旧市街は、アブシェロン半島の西の平坦な部分にあります。バクーの中心。それは、外国の侵入者による攻撃から保護するために中世の間に建てられた要塞の壁に囲まれています。旧市街を囲む環状土塁は元々4メートルの高さでしたが、今日では2~3層の土と石の要塞しか残っていません。旧市街への門には、シルバンシャー(1851)、スラウェシ(旧称チグリグ)(1784)、ディララ(1839)、バイリ(1396)、ビンクディ(1780)、ビニリ(1785)、カラスンカル(1841)があります。有名な乙女の塔(11世紀)もイチェリシェハーの領土にあります。