Loading icon

イタリアのオルヴィエートでのツアー:好奇心旺盛な観光客にとって、何を見て訪れる価値がありますか?

イタリアのオルヴィエートでのツアー:好奇心旺盛な観光客にとって、何を見て訪れる価値がありますか?

オルヴィエートはイタリア中部の小さな中世の町で、パーリャ川の近くの谷にあり、ピンク色の凝灰岩の上に立っています。

岩の中にある洞窟都市への訪問は、組織された観光客グループのみが利用できます。この古代建築の記念碑は紀元前9世紀にまでさかのぼるため、歴史ファンの間で高く評価されています。

快適な旅行のために、多くの観光客はイタリア空港チャンピーノでの車の平均賃貸料は1日あたり20ユーロですが、空港フィウミチーノでの賃貸料は同じです。市内と同じように、通常は空港での賃貸料が安いです。


寺院や大聖堂に入らずに狭い通りを歩くと、街自体を1時間で迂回できます。しかし、そのような誘惑に抵抗することは非常に困難です。オルヴィエートがヨーロッパの観光客の間で有名になったのは、宗教的な建物の美しさのおかげです。

街のメイン広場には、最初まで大聖堂があります。 XIII世紀には、フランチェスコモナルデスキ司教の住居でした。

当時、オルヴィエートは、ボニファティウス8世の発祥の地としてだけでなく、奇跡が起こる都市としても、イタリア全土で有名になりました。 1263年、礼拝の1つで、儀式の司会者(葉のないケーキ)から祭壇の覆いに本物の血がはねかけられ、その後、神社を保管するための聖骨箱が配置されました。

オルヴィエート大聖堂はロマネスク様式のゴシック様式で建てられたファサードは、エレガントな建築のアンサンブルと金色のモザイクで装飾されています。メインタワーは、低く鋭い尖塔、ペディメント、フリーズで補完されています。


寺院の内部はその外部と同じくらい豪華です。大聖堂を3つの部分に分割する高い縞模様の柱は、濃い白の石でできており、同じ縞模様が玄武岩の壁を飾っています。

このような注目すべき寺院は他にないと言っても過言ではありません。全世界。ここの壁には、絵画やフレスコ画、モザイクパネル、聖人の生涯の絵画が明るく輝いています。

イタリアが好きな人は、主要都市の1つで新年を祝うことができます。聖週間、オルヴィエートの寺院を訪れてください。古代からダンテの時代までのすべての重要な出来事を描いた見事な図像があります。

オルヴィエートの下には、エトルリア人に雨からの避難所を提供する洞窟の迷宮があります。岩に切り込まれたセルの1つに、エイドリアンの菓子が置かれています。これはチョコレートデザートの製造の達人です。中世には、オルヴィエートクラシコ品種の白ワインがこれらの洞窟に保管されていました。彼らは、この神聖な飲み物のおかげで、この都市がバチカン市国の代わりに教皇の住居として長い間役立ったと言います。



集落の近くには、エトルリアの寺院は保存されており、その各通りにはバロック様式の宮殿またはカトリック教会があります。オルヴィエートの郊外の1つに、15世紀に建てられたアルボルノス要塞があります。

城塞の隣に公園があり、そこを歩くと、深さ62メートルの石の中にいます。はしごと旋回橋を備えたこの巨大な水槽は、防衛のために要塞に水を供給するために建てられました。

非常に小さいサイズのオルヴィエートは、イタリアの文化遺産の真の宝庫です。この街でリラックスしながら、美術館や宮殿を訪れたり、石棺や中世の居酒屋がある先史時代の墓地遺跡を見たりすることができます。